王者・山中 ベッキー似沖縄美人と結婚していた

[ 2012年5月10日 06:00 ]

自分で描いた沙也乃夫人の似顔絵を持つ王者・山中

 プロボクシングのWBC世界バンタム級王者・山中慎介(29=帝拳)が9日、沖縄県西原町在住の会社員・菊池一夫さん(57)の次女で、OLの沙也乃(さやの)さん(27)と4月24日に結婚したと発表した。

 昨年3月、自身の祝勝会で出会って交際をスタートさせた。世界初防衛戦が決まった今年2月に都内の沙也乃さん宅で「防衛に成功したら結婚してください」とプロポーズ。絶対に負けられない戦いだったが愛のパワーで最強挑戦者ダルチニャンを完封し、晴れてゴールインした。最愛の人は1メートル60で、タレントのベッキーに似た南国美人。「しんちゃん、さやの」と呼び合い「(夫人の)全てが素敵」とぞっこんだ。挙式の時期は未定。

 王者はこの日、8月下旬に予定している2度目の防衛戦に向け、都内で始動。「WBO王者アルセとやりたい。亀田和毅でも構わない」と強豪との対戦を熱望していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2012年5月10日のニュース