宮下トモヤさん死去、30歳…DREAMなどに参戦

[ 2012年1月3日 06:00 ]

 総合格闘家の宮下トモヤ(みやした・ともや、本名宮下智也)氏が12月31日午後6時10分、カリニ肺炎による急性呼吸促迫症候群のため東京都内の病院で死去した。30歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行う。

 裸絞めを武器に09年にDREAMに初参戦。しかし、10年10月に縦隔(じゅうかく)に非セミノーマが見つかり摘出手術を行った。手術は成功したが11年5月には急性巨核芽球性白血病も発覚し、闘病生活を送っていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2012年1月3日のニュース