K―1ワールドMAX 12・3シンガポール開催へ

[ 2011年9月27日 06:00 ]

 K―1ワールドMAX世界トーナメントが、12月3日を第1候補にシンガポールで行われることが濃厚となった。25日の試合後の会見で谷川EPは「12月初旬に東南アジアで行う予定。最終的な話し合いに入っています」と話し、タイ、ベトナム、マレーシアなどを候補に挙げていたが、すでに初の海外進出の場としてシンガポールに絞って交渉していることが26日、分かった。

 シンガポールは外国資本を誘致するなどして好景気が続き、DREAMで活躍する青木が所属するEvlove MMAのジムや「ONE FC」という格闘技イベントが立ち上がるなど格闘技熱も高い。シンガポールの格闘技関係者からFEGに企画書も届いており、開催日は12月3日で最終調整に入っている。主催するFEGの資金問題で日本開催が難しくなっていたワールドMAXだが、シンガポールを新たな舞台として生まれ変わることになる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年9月27日のニュース