押井守氏「リアル」シリーズ 第2弾は「武道」

[ 2011年3月22日 11:08 ]

武道のリアル

 アニメ「機動警察パトレイバー劇場版」の監督を務めるなど多方面で活躍している押井守氏(59)と、小説家で武道家でもある今野敏氏(55)が武道について語り合った対談本「武道のリアル」(エンターブレイン、1785円)が発売した。

 押井氏が各界のプロフェッショナルとテーマに切り込んでいく「~のリアル」シリーズ第2弾。前回は軍事評論家の岡部いさく氏と「戦争のリアル」について対談したが、今回は押井氏が通う空手塾を主宰する今野氏と、武道の歴史から、格闘ゲームのリアルまで、幅広く語り合っている。

 師弟関係にある2人が、時には冗談を交えながらまるでけいこ後の飲み会のような自然体で「武道」の本質に切り込む。武道ファンも、押井氏のファンも必見の一冊だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月22日のニュース