PR:

J1首位・鳥栖指揮官が電撃退任、来季契約交渉で決裂!

鳥栖を電撃退任する尹晶煥氏は韓国代表コーチに就任する可能性も

 リーグ戦で首位を走る鳥栖の尹晶煥監督(41)が電撃退任することが7日、明らかになった。8日に発表される見通し。9日のアウェー広島戦は吉田恵コーチ(41)が暫定的に指揮を執る。尹晶煥監督は7日の練習にも姿を見せておらず既に選手にも監督交代の経緯などが説明されている。

 関係者によると、来季契約延長に関する話し合いで、尹晶煥監督とフロントが対立。強気の条件で今月中の契約延長を迫る指揮官に対して、強化部側が否定的な見解を示したことが退任の最大の理由だという。チームは今季12勝1分け5敗で、2日の名古屋戦後に首位に立ったが、クラブはフィジカルを前面に押し出すスタイルに長期的ビジョンを見いだせず、結果ほどの評価はしていなかった。以前から水面下でくすぶっていた方針の違いが、契約延長交渉を機に一気に爆発した形だ。

 尹晶煥監督は11年に着任して当時J2だったクラブを就任1年目でJ1に昇格させた。翌12年にはJ1で5位と躍進。Jリーグで実績を残したことから、既に韓国代表コーチ、U―21代表監督、韓国の複数クラブから打診が届いており、韓国代表コーチに就任する可能性が高い。首位を走るチームのシーズン途中での監督交代劇は前代未聞。鳥栖だけではなく、Jリーグ全体に激震が走る衝撃の人事となった。

[ 2014年8月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム