PR:

浦和 試合終了寸前で4連勝逃す、2位浮上も中断前の一戦飾れず

同点に追いつかれて仙台と引き分け、悔しそうな表情の(左から)浦和・阿部、原口ら

J1第9節 浦和1―1仙台
(5月29日 埼玉)
 PKで先制したのもつかの間、後半43分に追い付かれると浦和の選手は思わず座り込んだ。横浜を得失点差で上回り2位には浮上したが、中断前最後の一戦を飾れず、4連勝を逃した。

 ここ2試合はいずれも6得点。絶好調といえども、中2日の日程は体に重くのしかかった。球際の攻防で劣勢が続いた後半30分すぎ、マルシオリシャルデスのドリブルから原口がPKを獲得して均衡を破ったが、失点シーンでは中盤の寄せが甘くなった。

 仙台とは昨季までの3シーズンで4分け2敗。苦手な相手に土を付け、気持ちよく中断期間を迎えるもくろみは果たせなかった。

 ▼浦和・ペトロビッチ監督 われわれの判断力や精度が欠けていた。厳しい状況で勝ち点1を取れたことはよしとしたい。

[ 2013年5月29日 22:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム