PR:

【チューリップ賞】ココロノアイ成長ぶり見せる!「折り合いついた」

坂路で追い切るココロノアイ

 阪神JF3着のココロノアイは成長力で勝負する。追い切りは坂路で4F56秒0~1F14秒5。雨で不良だった馬場を苦にせず、しっかり脚を伸ばした。尾関師は「折り合いがついていたし、最後は一生懸命走らなきゃという格好になっていた。今の坂路は十分負荷がかかるので、これでちょうどいいかな」と納得の口ぶりだった。

 前走・阪神JFはレッツゴードンキとの追い比べを、勝ったショウナンアデラにまとめて差され3着。それでも輸送、折り合いといった課題をクリア。師は「勝たなかったという点以外は全てが収穫だった」と前向きに捉えている。

 その後は放牧を挟んで馬体が成長し、1週前追い切り後の馬体重は阪神JFから18キロ増の468キロ。師は「全体にバランスが良くなった。馬体の成長が実戦に結びついてくれれば」と期待を寄せていた。

[ 2015年3月5日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ