PR:

がく然としたセ新人王投票結果 一生に1度、より正当な評価を

<中・巨14>4回無死、右前打を放つ京田
Photo By スポニチ

 【オヤジのぴりから調】今年のプロ野球。荒木雅博(中日)、阿部慎之助(巨人)、鳥谷敬(阪神)が通算2000安打を達成した。日米合算の青木宣親を加えて4人だ。

 一方、200勝に到達した投手は一人もいない。それどころか、最も近いのが今季4勝に終わった石川雅規(ヤクルト)の156勝。続いて杉内俊哉(巨人)の142勝。日本において200勝投手はもはや絶滅危惧種なのかもしれない。

 21世紀に入って200勝を達成した投手は工藤公康(現ソフトバンク監督)、山本昌と日米合算でクリアした野茂英雄、黒田博樹を加えて4人しかいない。

 これに対して、野手は書き切れない。金本知憲(現阪神監督)ら国内だけで2000本打った人が21人、日米合算で超えた人が松井秀喜ら5人。合計26人にのぼる。

 国内だけの成績で見ると、2000安打50人に対して200勝は24人。2000安打に相当する通算勝利数歴代50位は星野仙一(現楽天球団会長)の146勝になる。

 加速する「打高投低」傾向。原因はいくつか考えられる。バーチャル打撃マシンなど打者のスキルアップにつながる練習道具がどんどん開発されているのに対し、投手は生身。フォームの癖はすぐ見破られるし、先発ローテーションが確立して登板数には限りがある。

 野茂が95年に厚い壁を破って太平洋を渡って以降、大リーグ入りした日本人選手は野手の14人に対して投手41人。その大半が日本のような活躍ができていない。これも関係している。

 そんな時代に…。セ・リーグ新人王の投票結果にはがく然とした。

 京田陽太(中日)208票、大山悠輔(阪神)49票、浜口遥大(DeNA)27票。

 京田は141試合に出場し、打率・264はリーグ18位ながら堅実な遊撃守備に23盗塁。浜口は22試合に登板してリーグ9位タイの10勝。2人のマッチレースになるだろうと思っていた。

 取材経験5年以上の記者による投票。私はいまどきの2桁勝利を重く見て浜口に入れた。ふたを開けたら京田の圧勝。それはいいのだが、納得いかないのが2位。わずか75試合の出場で打率・237の大山が入ったのである。なんでやねん。

 AKB選抜総選挙のような人気投票ならともかく、新人王は選手にとって一生に1度しかないチャンス。シーズンを通して誰が一番活躍したか正当な評価をして投票しないと失礼だ。

 大山は長打力のある魅力的な選手。それは認める。だが、彼に投票した49人は同業者として認めたくない。(特別編集委員・永瀬郷太郎)

[ 2017年12月2日 11:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月16日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム