フェルスタッペン6勝 F1史上最短の1周で

[ 2021年8月31日 05:30 ]

優勝を喜ぶフェルスタッペン(AP)
Photo By AP

 自動車のF1シリーズ第12戦ベルギーGPは29日、フランコルシャンで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季6勝目、通算16勝目を挙げた。

 大雨の影響でスタート時刻が約3時間半遅れ、結局セーフティーカー先導による3周で終了。公式記録上では周回数が減算され、史上最短の1周のレースが成立した。10位までの入賞者に与えられるポイントは通常の半分。アルファタウリ・ホンダは角田裕毅が15位、ピエール・ガスリー(フランス)が6位。レッドブル・ホンダのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は19位。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年8月31日のニュース