“20歳”角田、日本人最年少F1デビュー 日本人ドライバー7年ぶり参戦

[ 2021年3月27日 01:00 ]

初日FP2で7位のタイムを記録した角田(アルファタウリ・ホンダ)
Photo By AP

 自動車のF1シリーズ初戦となるバーレーンGPが26日、バーレーン国際サーキットで開幕し、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)がフリー走行1回目に出走してデビューを果たした。

 日本人ドライバーのF1参戦は14年の小林可夢偉(当時ケータハム)以来7年ぶりで、20歳10カ月でのデビューは日本人最年少。トップタイムをマークしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(23=オランダ)と1・935秒差の14番手だった。27日に予選、28日に決勝が行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年3月27日のニュース