炎上、横転の波乱続出でもハミルトン余裕の5連勝 レッドブル・ホンダ勢が2・3位 F1バーレーンGP

[ 2020年11月30日 02:33 ]

F1第15戦バーレーンGP決勝 ( 2020年11月29日    バーレーン・サキール バーレーン国際サーキット=1周5・412キロ×57周 )

5連勝を飾ったメルセデスのルイス・ハミルトン(AP)
Photo By AP

 史上最多タイ7度目の総合優勝を既に決めているメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1時間34分1秒829で5連勝を飾り、今季11勝目、通算95勝目を挙げた。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3戦ぶりの表彰台となる2位。3位は同僚のアレクサンダー・アルボン(タイ)が6戦ぶり今季2度目の表彰台を確保し、レッドブル・ホンダ勢が2、3位を占めた。

 スタート直後、3コーナーを過ぎた付近でハース・フェラーリのロマン・グロージャン(フランス)のマシンがアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアト(ロシア)のマシンと接触し、フェンスを突き破って爆発・炎上する衝撃的な事故が発生。グロージャンは自力で脱出して搬送されたが、破壊されたフェンスの修理でレースは約1時間25分中断した。

 再スタート直後の周回でもレーシングポイント・メルセデスのランス・ストロール(カナダ)のマシンがクビアトのマシンと接触して横転。マシンの撤収が終わる8周目までセーフティーカーが先導する波乱の序盤となった。しかし、レース再開後はポールポジション(PP)から出たハミルトンが、最初のスタートで2位に浮上していたフェルスタッペンとの差を徐々に広げ、タイヤ交換もスムーズにこなして逃げ切った。

 残り3周では3位につけていたレーシングポイント・メルセデスのセルヒオ・ペレス(メキシコ)のマシンが火を噴き出してストップ。4位だったアルボンが3位に浮上した。最速ラップは1分32秒014のフェルスタッペンがマークした。

 決勝の順位は以下のとおり。

 (1)ハミルトン(メルセデス)
 (2)フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 (3)アルボン(レッドブル・ホンダ)
 (4)ノリス(マクラーレン・ルノー)
 (5)サインツ(マクラーレン・ルノー)
 (6)ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
 (7)リカルド(ルノー)
 (8)ボッタス(メルセデス)
 (9)オコン(ルノー)
 (10)ルクレール(フェラーリ)
 (11)クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
 (12)ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)
 (13)フェテル(フェラーリ)
 (14)ラティフィ(ウィリアムズ・メルセデス)
 (15)ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)
 (16)ジョビナッツィ(アルファロメオ・フェラーリ)
 (17)マグヌッセン(ハース・フェラーリ)
 (18)ペレス(レーシングポイント・メルセデス)
 リタイア ストロール(レーシングポイント・メルセデス)
 リタイア グロージャン(ハース・フェラーリ)

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年11月29日のニュース