中嶋 世界耐久総合王者の喜び語る ルマン連覇報告会

[ 2019年6月20日 05:30 ]

ルマン24時間で2連覇し、報告会で写真に納まる中嶋(右)と小林
Photo By 共同

 伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間で2連覇を果たしたトヨタ8号車の中嶋一貴と、2位に入った7号車の小林可夢偉が19日、都内で報告会を開き、今季の世界耐久選手権で日本人初となる総合王者にも輝いた中嶋は「ワールドチャンピオンを目標にやってきた。達成できて良かった」と喜びを語った。

 7号車はトップを走行していたが、終盤のマシントラブルで優勝を逃した。小林は「僕らの流れかなと思っていた。チームとともに、どう改善できるか考えて、さらに強いチームづくりをしていきたい」と語った。

続きを表示

2019年6月20日のニュース