ルマン24時間、トヨタV2へ可夢偉PP 15日決勝スタート

[ 2019年6月15日 05:30 ]

ルマン24時間の予選でポールポジション獲得に喜ぶトヨタ7号車の小林可夢偉(右)(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 フランス伝統の自動車耐久レース、第87回ルマン24時間の決勝は、15日午後3時(日本時間同10時)にルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)でスタートし、昨年20度目の挑戦で悲願の初優勝を果たしたトヨタが、2連覇を目指す。

 13日は予選の2、3回目が行われ、2台で臨むトヨタは、昨年2位だった7号車の小林可夢偉が、2回目に最速の3分15秒497をマークし、ポールポジション(PP)を獲得した。

続きを表示

2019年6月15日のニュース