フェテル3戦連続PP!可夢偉は17番手

[ 2011年9月11日 06:00 ]

PPを獲得したフェテル

F1イタリアGP公式予選フリー走行

(9月10日 モンツァ・サーキット)
 レッドブルのセバスチャン・フェテル(24)が3戦連続今季9度目、通算25度目のPPを獲得した。

 「最後のランに集中した」というフェテルはラストで2番手につけたマクラーレンのルイス・ハミルトン(26)に約0・5秒差をつける時計を記録。ライバルのハミルトンが「セバスチャンはスーパークイック」と認める驚異のスピードを武器に、昨季最終戦から続いているチームの連続PPを15に伸ばした。ザウバーの小林可夢偉(24)はQ3に進めず、17番手につけた。(モンツァ・柴田久仁夫通信員)

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2011年9月11日のニュース