×

井岡―エストラーダは「実現する可能性がある」エディー・ハーン氏明かす

[ 2023年6月25日 14:55 ]

井岡―エストラーダ戦の可能性などを語ったエディー・ハーン氏(撮影・杉浦 大介通信員)
Photo By スポニチ

 ボクシング英興行大手マッチルーム・スポーツのエディー・ハーン・プロモーター(44=英国)が24日(日本時間25日)、米ニューヨークで行われた興行で取材に応じた。同社が契約を結ぶWBC世界スーパーフライ級王者フアンフランシスコ・エストラーダ(33=メキシコ)と、日本時間24日にWBA同級王座を獲得した井岡一翔(34=志成)やWBO同級王者・中谷潤人(25=M・T)との王座統一戦の可能性などについて語った。(ニューヨーク・杉浦大介通信員)

 ――井岡対エストラーダ戦について。
 「井岡対(前WBA世界スーパーフライ級王者)フランコは好カードだが、(欧米では)ニッチなイベントだった。放映権料と視聴者の兼ね合いを考えなければいけない。(ただ、)エストラーダは常に良い数字を叩きだしてくれる選手だ。メキシコ人、中南米の多くのファンがDAZNを支えてくれている。だから(井岡対エストラーダ戦は)実現する可能性がある」

 ――井岡はエストラーダ戦がプライオリティ(優先)だと言っている。
 「エストラーダはメキシコでの試合を予定している。恐らく9月か10月だ。ただ、私は井岡戦(という選択肢)も気に入っている。もしも日本からオファーがあれば(考える)。(日本開催でも)問題はない」

 ――エストラーダ対中谷潤人戦は。
 「それも良いカードだ。軽量級に関していいのは、みんなが誰とでも戦いたがるということ。(WBO世界フライ級王者)バム(ジェシー)・ロドリゲス対(IBF同級王者)サニー・エドワーズという好カードも決まったばかりだ」

 ――(元4階級制覇王者で昨年12月にエストラーダと3度目の対戦で敗れた)ローマン・ゴンサレスの次戦は。
 「まだ試合のチャンスを模索しているところだ。次戦は年内かもしれない。井岡対チョコラティート(ゴンサレス)戦も良い試合になるだろう」

続きを表示

2023年6月25日のニュース