世界フライ級初防衛 中谷 米国から凱旋 V2戦「年内に」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

米国での初防衛戦から帰国したWBO世界フライ級王者・中谷潤人(M.Tジム提供)
Photo By 提供写真

 米国での初防衛に成功したボクシングのWBO世界フライ級王者・中谷潤人(23=M・T)が14日に帰国。隔離のための宿泊施設からリモート取材に応じ、V2戦の年内開催を希望した。

 初防衛戦では同級1位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に4回TKO勝ち。米滞在中に映像を確認した中谷は「結果としては良かったけど、内容的には反省点がある。さらに上に行くために改善していきたい」と振り返り、「長く休むほど体のダメージはない。やらせてもらえるなら(次戦は)年内に」と話した。対戦したい相手には改めてWBC王者のフリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)の名を挙げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月15日のニュース