V3狙う天海ツナミと世界初挑戦の緒方汐音が対戦 WBO女子世界ライトフライ級タイトルマッチ発表会見

[ 2021年3月5日 19:59 ]

オンラインの世界戦発表会見でポーズを取る天海ツナミ

 WBO女子世界ライトフライ王者の天海ツナミ(36=山木)と挑戦者の緒方汐音(32=寝屋川石田)が5日、オンラインで会見し、4月4日に大阪・堺市産業振興センターで対戦すると発表した。

 3度目の防衛を狙う天海は「コロナ下でも試合ができるのはありがたいし、うれしい。(コロナ以前も)1年ぐらい試合が空くことはあって、コンスタントに練習してます。自信を持っていきたい」と2階級制覇王者らしく決意表明。戦績は17勝(12KO)9敗1分け。前回の試合、19年12月のV2戦は幼少期を過ごした鹿児島県に凱旋して8回TKO勝ちしている。山木敏弘会長も「今までどおり自分のボクシングをできれば(結果はついてくる)」と信頼感をにじませた。

 一方、東洋太平洋女子同級王者でもある緒方は世界初挑戦。デビュー当初は結果を出せず、4回戦で1勝5敗と散々な成績だった。「私は1勝5敗から、はい上がれた。そういう(似たような戦績の)人もあきらめずに頑張ってもらえたら。絶対に世界を獲りたい」と気合満点だ。戦績は11勝(3KO)6敗1分け。19年4月に東洋王座を決定戦で獲得し、他にWBOアジアパシフィック、WBAアジアの地域タイトルも手にしている。元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕会長(45)は「天海選手はレジェンドだけど、うちの汐音も気持ちは盛り上がっている。それを前面に出してもらえれば」と闘志むき出しのファイトを期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月5日のニュース