×

ボクシングレジェンドが夢のバンタム級4団体統一トーナメント開催に期待「来年に決勝で…」

[ 2024年5月9日 16:42 ]

バンタム級を独占した日本人世界王者たち。(左上から時計回りに)WBC王者中谷潤人、WBA王者井上拓真、WBO王者武居由樹、IBF王者西田凌佑
Photo By スポニチ

 WBA世界ライトフライ級王者を13度防衛した具志堅用高氏(68)がYouTube「ネクストチャレンジ」を更新。日本人が4団体の王座を独占したバンタム級の今後を展望した。

 WBAが井上拓真、WBCが中谷潤人、WBOが武居由樹、IBFが西田凌佑とバンタム級の世界王者を日本人4人が独占した。

 具志堅氏は「統一戦やって欲しい。誰が強いのか見たいね」と、今後は日本人王者同士の戦いを期待した。

 現時点で誰が強いのか。

 具志堅氏は「中谷チャンピオンが(一番)まとまってるかな。スピード、パンチ力、スタミナ揃ってる」と中谷潤人を推した。

 新王者に輝いた西田も中谷と似た長身サウスポースタイルだが、「テクニックはあるが、一発のパンチが(中谷ほどは)ない」と指摘した。

 具志堅氏は「(トーナメント)企画をやって欲しい。来年決勝というので」と、夢のバンタム級4団体統一トーナメント開催を希望した。

 ただ、現王者以外で那須川天心の名前を挙げ、「天心さんはキックのチャンピオン同士、(相手は)武居さんですよ」と、夢対決を期待した。

 

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年5月9日のニュース