ロマチェンコ“社会的距離”無視!マスクなしで「フェースオフ」 世界ライト級3団体王座統一戦

[ 2020年10月18日 05:30 ]

ワシル・ロマチェンコ
Photo By スポニチ

 ボクシングの世界ライト級4団体王座統一戦の前日計量が16日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、WBAスーパー&WBO王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、IBF王者テオフィモ・ロペス(米国)はともにリミットの61・2キロでパスした。

 計量後は体重計を挟んで2人が記念撮影を行うはずが、ロマチェンコが係員の制止を振り払ってロペスに急接近。コロナ禍での興行のガイドラインに示されている社会的距離を無視し、マスクも外したまま、顔を突き合わせる「フェースオフ」に突入すると、約30秒間にらみ合ってニヤリと笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年10月18日のニュース