京口紘人 フィジカル強化手応え“充実&濃厚”熱海合宿打ち上げ

[ 2020年9月14日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ   スーパー王者・京口紘人《12回戦》同級11位タノンサック・シムシー ( 2020年11月3日    大坂市・インテックス大阪 )

熱海合宿を打ち上げたワタナベジムの4選手(左から)三代大訓、京口紘人、谷口将隆、久我勇作
Photo By スポニチ

 3度目の防衛戦に臨む京口が静岡県熱海市での強化合宿を打ち上げた。

 フィジカル強化を目的に合宿を行うのは初めて。親交の深いWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が試合1カ月半~2カ月前の合宿を恒例にしており「モンスター(井上)もやっているし、自分もと思いました」と説明した。同門の3選手を伴い、浜辺でのダッシュや起伏のある山間部での走り込みなど心肺機能やバランス感覚を高めるメニューを消化。京口は「めっちゃ充実していました。濃密でした」と手応え。今後はスパーリングなど実戦練習でV3戦に向けて仕上げていく。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年9月14日のニュース