高山、WBA世界ミニマム級スーパー王者ノックアウトから対戦オファー 陣営も前向きな姿勢

[ 2020年5月15日 05:30 ]

高山勝成
Photo By スポニチ

 ボクシングのミニマム級の元世界4団体王者の高山勝成(37=寝屋川石田)がWBA世界同級スーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)から対戦オファーを受けていることが14日までに分かった。

 高山はアマで東京五輪出場ならず、プロに再転向。ライトフライ級で世界2階級制覇を狙う方針ながら、中出博啓トレーナーは「(ノックアウトとの対戦は)選択肢の一つ」と話した。復帰戦の時期は見通せないが「(試合の話題が出ることが)自粛続きで不安を抱えるボクサーたちへの希望になれば」と前向きな姿勢を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年5月15日のニュース