「RIZIN.19」ライト級GP 日本勢初戦で涙

[ 2019年10月13日 05:30 ]

RIZIN.19 ( 2019年10月12日    エディオンアリーナ大阪 )

パトリッキー“ピットブル”フレイレ(奥上)の猛攻を受ける川尻(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 ライト級GPで日本勢は1回戦で姿を消した。

 41歳の川尻は積極的にテークダウンを狙いにいったが、跳び膝蹴りをキャッチしたあとにパウンドの連打を浴びて散った。会見では「ラストチャンスと思ってやっていた」と涙。今後は現役を続けながらでジム経営に携わる夢も語った。

 上迫は打撃を受けて左目付近から出血してTKO負け。試合後は病院に直行した。年末の準決勝はムサエフ―ケース、グスタボ―フレイレに決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月13日のニュース