田中恒成に挑む指名挑戦者ゴンサレスはカジノのディーラー

[ 2019年8月20日 18:46 ]

トレーナーである父ルイスさん(右)が持つミットに得意の右フックを打ち込むゴンサレス
Photo By スポニチ

 今月24日のWBO世界フライ級タイトルマッチ(名古屋市港区・武田テバオーシャンアリーナ)で王者・田中恒成(24=畑中)に挑む同級1位の指名挑戦者ジョナサン・ゴンサレス(28=プエルトリコ)が20日、名古屋市内で練習を公開した。

 サンドバッグやミット打ち、縄跳びなどで1時間近く動き、しっかり汗をかいた。「スピードとパワー、インテリジェンスでも私が上回る」と自信満々に言い切った。アマチュアの全米選手権2度優勝の実績を持つという父ルイスさん(57)の手ほどきで6歳から競技を始め、アマで126戦を経験。2011年4月のプロデビューから約8年半かけて世界初挑戦にこぎ着けた。

 7歳の娘を持つパパで、副業としてカジノでポーカーやブラックジャックのディーラーを務める。「(競技を)引退したら食べていけなくなる」。カジノで勝った経験をきっかけに今後を考えて3年前から勤務している。毎日のようにカードを操るのおかげで手さばきは巧み。勝負事のかけひきにも長じ、普段は夜型生活のため来日しても時差ボケなし。「プエルトリコにベルトを持って帰る」。世界奪取すれば、現在描いている未来予想図も変わりそうだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月20日のニュース