黒田 6年ぶり世界再挑戦 悲願王座へ「前回とは違う自分見せる」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

IBF世界フライ級タイトルマッチ   王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)≪12回戦≫同級4位・黒田雅之 ( 2019年5月13日    後楽園ホール )

世界戦に向けての壮行会であいさつする黒田雅之
Photo By スポニチ

 「川崎から世界へ」を掲げ、6年ぶりに世界再挑戦する黒田雅之の壮行会が川崎市で開かれ、福田紀彦市長ら約100人が出席した。黒田は「前回は期待に応えられなかったけど、あの時とは違う自分が見せられると思う」と決意表明した。

 13年2月の世界初挑戦は判定負けに終わり、その後の日本タイトル獲りに2度失敗しながら再び世界王者へあと一歩に迫った。「6年間の積み重ねで、その一歩が簡単に越えられるのか、それとも苦労して越えるのか、自分でも楽しみ」。残り1カ月、悲願の王座獲得へ集中する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年4月15日のニュース