パッキャオ40歳初戦完勝!メイウェザーと再戦前向き

[ 2019年1月21日 05:30 ]

WBA世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦   ○王者 マニー・パッキャオ 判定 同級6位 エイドリアン・ブローナー● ( 2019年1月19日    米ネバダ州ラスベガス MGMグランドガーデン・アリーナ )

判定勝ちで初防衛に成功したパッキャオ=中央(AP)
Photo By AP

 6階級制覇王者パッキャオが3―0判定勝ちで、昨年7月に獲得したタイトルの初防衛に成功した。

 11歳年下の挑戦者を相手に攻めの姿勢を貫いて40歳初戦、節目のキャリア70戦目を完勝で飾り「この能力を与えてくれた神様に感謝したい」と喜んだ。フロイド・メイウェザー(米国)との再戦について問われると「またリングに戻って試合をする」と現役続行を明言。「相手がメイウェザーでも構わない。彼が戻ってくるなら」と前向きだった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月21日のニュース