井上岳 サプライズ見送り感激渡米 ムンギア戦へ「最善尽くす!」

[ 2019年1月21日 05:30 ]

WBO世界スーパーウエルター級タイトルマッチ   王者 ハイメ・ムンギア(メキシコ)《12回戦》同級3位・井上岳志 ( 2019年1月26日    米国ヒューストン・トヨタセンター )

出発を前にワールドスポーツジムの寮生たちが手作りした横断幕の前で笑顔を見せる井上岳(右)
Photo By スポニチ

 世界初挑戦の井上が20日、渡米した。ジムの寮生6人が「打倒ムンギア 世界へ羽ばたけ!井上岳志」と書いた横断幕と日の丸を持って成田空港に駆け付けるサプライズに、井上は「ありがたいです」と感激。「今までの試合以上に充実した練習ができた。会長を信じて、自分を信じて、勝つために最善を尽くす」と約束した。

 年末から現地の試合時間に合わせて練習しており、時差対策は万全。減量も残り2・5キロと順調だ。米国にはパックご飯やインスタント味噌汁のほか、愛用の腹筋ローラーも持参。「(ムンギアの)左ボディー対策。直前まで鍛えようと思ってます」。フィジカルの強さを前面に出し、斉田会長が「ジョロウグモ」と表現する接近戦で、日本人38年ぶりのスーパーウエルター級世界王座を狙う。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月21日のニュース