清水 世界へ“卒検”突破だ!上原との無敗対決にも平常心

[ 2018年12月3日 05:30 ]

東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ   王者・清水聡≪12回戦≫同級6位・上原拓哉 ( 2018年12月3日    後楽園ホール )

<東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ>前日計量を一発パスした王者・清水聡(左)と挑戦者の上原拓哉
Photo By スポニチ

 前日計量が行われ、4度目の防衛を目指す王者・清水、挑戦者・上原ともにリミットで一発パスした。7戦7勝7KOの清水と16戦16勝10KOの上原の無敗対決。清水にとっては世界挑戦へ“卒検”的な試合だが、「いつも通り」と平常心を強調した。

 ロンドン五輪銅メダリストとあって、IOC理事会でボクシング除外が継続協議となったことにも言及。「来年6月ですか?ギリギリですね。中途半端な気持ちで準備しなければいけない選手たちが大変」とアマ選手を思いやり、「世界中に目指している子供たちがいる。なくしてはいけない。僕も存続を願ってます」と訴えた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年12月3日のニュース