京口V2戦相手は19歳パラスに決定 無敗対決「いい試合になる」

[ 2018年4月23日 13:36 ]

スポンサー提供の派手な裏地のスーツを着て会見した京口紘人
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(5月20日、大田区総合体育館)で2度目の防衛戦に臨むIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24=ワタナベ)の対戦相手がビンズ・パラス(19=フィリピン)に決まった。ワタナベジムが23日に発表した。

 パラスはWBA世界ライトフライ級7位、WBC同級8位、IBF同級15位。昨年6月にはWBOアジア太平洋ライトフライ級ユース王座を獲得したフィリピン期待の新鋭。19歳ながら戦績は13戦13勝11KOと、京口の9戦9勝7KOを上回るキャリアを持ち、「できるだけ強い相手を」という京口の希望にマッチする。京口は「無敗同士の対戦はお客さんにとっても分かりやすいと思うし、いい試合になると思う。チャンピオンらしく圧倒したい」と闘志を燃やした。

 京口とダブル世界戦を行うWBA&IBF世界ライトフライ級王者の田口良一(31=ワタナベ)はIBF同級6位ヘッキー・ブドラー(29=南アフリカ)との対戦が決まっている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年4月23日のニュース