HIROYA弟・大雅 速さで圧倒!ダウン2度奪いベルト奪取

[ 2017年2月26日 05:30 ]

K―1 WORLD GP 2017 JAPAN スーパーフェザー級タイトルマッチ   挑戦者・大雅 判定3―0 王者・卜部弘嵩 ( 2017年2月25日    代々木第2体育館 )

<K−1WGP>スーパーフェザー級王座奪取に成功した大雅
Photo By スポニチ

 HIROYAの実弟・大雅がついに頂点に立った。スピードを生かして優位に立ち、3Rにパンチで2度ダウンを奪ってベルトを奪取。昨年の世界最強トーナメントは準優勝に終わっていただけに「諦めないで頑張ればできるということを、お父さん、お母さんに教えてもらった」と目を潤ませながら両親、HIROYAと一緒に記念写真に納まった。

 新生K―1は来年、さいたまスーパーアリーナのメインアリーナに進出する。転換期を迎える中、20歳のエース候補は「王者らしくK―1を引っ張っていく」と誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年2月26日のニュース