井岡、5月8日に初防衛戦!宮崎とダブル世界戦

[ 2013年3月26日 18:44 ]

5月に防衛戦が決まったWBAライトフライ級王者の井岡一翔(左)と同ミニマム級王者の宮崎亮

 昨年大みそかに世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座を獲得し、日本選手最速で2階級制覇を果たした井岡一翔(井岡)が、5月8日に大阪市のボディメーカーコロシアムで、同級3位のウィサヌ・ゴーキャットジム(タイ)と初防衛戦を行うと、所属ジムが26日に発表した。

 防衛戦に備え、徹底的に走り込んでいたという井岡は、ベテランを相手に「自分の組み立ての中でKOできたら理想。左アッパーで倒してみたい」と意欲を見せた。

 ダブル世界戦として、同じジムに所属するWBAミニマム級王者の宮崎亮は、同級7位のカルロス・ベラルデ(メキシコ)との防衛戦に臨む。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2013年3月26日のニュース