電撃参戦あるかも!?猪木会長「朝青龍はギャラ次第」

[ 2012年11月28日 06:00 ]

石井の大会参戦を示唆したアントニオ猪木会長
Photo By スポニチ

IGF創立5周年記念「INOKI BOM―BA―YE 2012」

(12月31日 両国国技館)
 アントニオ猪木会長は、来年にも元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(32=モンゴル)を参戦させたい意向を示した。

 「朝青龍はギャラ次第。うちはいろいろな失敗をした選手がいるし、出たければ出ればいい。しかし、昔のような3億円とかいう高額なギャラは出せないけれどね」と話した。同氏は実業家で政界進出の噂もあるが、電撃参戦という可能性もあり得る。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2012年11月28日のニュース