亀田興毅 井岡陣営に激怒「いつでもやる。俺が一番」

[ 2012年7月3日 06:00 ]

体幹トレーニングを行う興毅(左)と三男・和毅(右)

 WBA世界バンタム級王者・亀田興毅(25=亀田)が井岡陣営にかみついた。

 2日、兵庫県・淡路島での強化合宿を公開した興毅は、日本初の統一王者となったWBA世界ミニマム級王者・井岡一翔(23=井岡)の父で、プロモーターの一法氏(45)が興毅との日本人対決の可能性について「その時がくれば、うちはやりますが、相手(亀田サイド)が嫌がるのでは」と発言したことに反発。「いつでもやる。あんなレベルに負けるわけない。俺は誰もしてない日本初の3階級制覇をしてるんや。俺が一番」と怒りを爆発させた。

 当初は井岡陣営の発言にも無関心を装っていたが「逃げたと思われたくなかった」と興毅。それだけに「(1階級下の)スーパーフライ級に落としてチャンピオンになってベルトを持って待ったるよ。そして返り討ちや」と吠えまくった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年7月3日のニュース