王者・佐藤が練習公開 初防衛へ自信「コンディションは最高」

[ 2012年7月3日 18:12 ]

スパーリングで汗を流すWBCスーパーフライ級チャンピオンの佐藤洋太

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ(8日・横浜文化体育館)で、シルベスター・ロペス(フィリピン)の挑戦を受けるチャンピオンの佐藤洋太(協栄)が3日、東京都内で練習を公開し「コンディションは最高。自分でも納得できる練習をしてきた」と初防衛へ自信を示した。

 相手は同級1位の実力者。試合のポイントについて佐藤は「映像で見ても明らかにパンチ力が強いので、ディフェンスと集中力」と述べた。

 この日は3ラウンドのスパーリングやサンドバッグ打ちなどで大量の汗を流し、練習前と比べて体重が2キロも落ちた。6月に井岡一翔(井岡)が八重樫東(大橋)を激闘の末に破り、世界ミニマム級王座を統一した一戦を引き合いに出し「八重樫さんと井岡くんに劣らないような、熱いファイトを繰り広げたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2012年7月3日のニュース