PR:

G大阪 名古屋・田口に正式オファー 高い技術と運動量が武器

G大阪から正式オファーを受けた名古屋MF田口
Photo By スポニチ

 G大阪が名古屋の元日本代表MF田口に正式オファーを出したことが分かった。田口には鳥栖と柏、J2京都も獲得に乗り出しており、4クラブでの争奪戦に発展。次代の司令塔の動向に注目が集まる。

 名古屋はクラブ史上初のJ2降格となったが、田口は今季リーグ27試合2得点。主将としてチームをけん引し、16年Jリーグ最優秀ゴール賞を受賞した。アギーレジャパン時代の14年には日本代表にも選出され、3キャップを記録。確かな技術と豊富な運動量は、高く評価されている。

 G大阪は司令塔の遠藤が来年1月で37歳。主にトップ下で起用された今季は新人時代に次ぐワースト記録のリーグ2得点(34試合出場)に終わっており、やはり運動量は落ちてきている。この日の後半開始から遠藤をアンカーに置いたように、来季は4−3−3システムを導入することが濃厚。田口は遠藤の負担を軽減させる狙いがある。

 またJ2千葉のMF井出遙也(22)と横浜DFファビオ(27)の獲得は決定的。韓国代表FW黄義助(ファンウイジョ)(24)は土壇場で破談に終わったことも判明した。

[ 2016年12月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月26日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ