PR:

J2京都 闘莉王獲り 次こそ昇格へ 闘将に白羽の矢

J1昇格プレーオフ準決勝 ( 2016年11月27日    金鳥スタ )

名古屋を退団する田中マルクス闘莉王
Photo By スポニチ

 準決勝で敗退したJ2京都が、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)獲得に動くことが27日、分かった。J2に降格した名古屋を既に退団。関係者によれば、現在はブラジル1部クラブからもオファーを受けているというが、闘莉王自身も引き続き日本でプレーしたい気持ちがあるようで、今後の交渉次第では一気に正式契約となる可能性があるという。

 闘莉王は8月に昨季限りで退団した名古屋に再加入。残り8試合で残留圏と勝ち点差7もあったチームを、最終戦に残留の可能性が残るまでに導いた。日本代表でも10年W杯に出場するなど実績は十分。10年以来のJ1昇格を目指す京都にとって“闘将”はうってつけな存在。獲得が決まれば来季J2で古巣・名古屋との直接対決も実現する。

 ▼J2京都GK菅野(主将。前半ミドルシュートを処理し切れず失点)もうちょっと外にはじければ良かった。(J1に)上げられなかったのは自分の実力。

[ 2016年11月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月16日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム