PR:

【芦屋・レディースC】準優1号艇ゲット!技術の粋見せつけた日高

日高逸子
Photo By スポニチ

 4日目2走で日高逸子の凄さを実感した。7R。準優入りへ大崩れできない状況で6号艇。日高は展示でスロー3コースへ動いた。そして本番は1〜4号艇が前づけを拒否。4号艇までスローに入ったところで回り直して6コースへ。勝負駆け長嶋が5カドに陣取る4対2隊形。長嶋のカドまくりが決まり、マーク日高が外マイ2着。レース後の長嶋は「6コースでも、と思っていたら日高さんが回り直して、びっくりしました」と話した。

 そして12R。日高はピット離れですぐ内の海野を脅かすと、スロー主張の海野に付き合わず日高自身が5カド。好Sで内を締め込むかの挙動を見せ、内が握ると素早く差しにチェンジ。突き抜けた。

 日高は「行き足が不安定でスタートがよく分からない」と慎重な面も見せるが、4日目は進入でも1Mでも技術の粋を見せつけ、準優1号艇をゲットした。女子ボート界の泰山北斗。日高の壁はどこまでも高く、厚い。

[ 2017年8月5日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:10月18日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース