PR:

ボートレーサーが復興支援 日高「今後も被災地の力になりたい」

熊本地震復興支援ボランティアに参加した日高逸子(後列左から5人目)らボートレース選手たち

 日本モーターボート選手会の上滝和則会長(48=佐賀)や日高逸子(54=福岡)らボートレーサー12人が8日、熊本県上益城郡益城町で平成28年熊本地震復興支援ボランティア活動を行った。

 倒壊した神社での仏像・宝具の搬出や土のう袋の修繕・入れ替え、倒壊した家屋から瓦の取り外しなどの支援活動を実施。上滝会長は「現地に赴いて活動に参加するたびに、被害の大きさを実感する。この震災を風化させないためにも、今後も継続的に支援していきたい」。日高は「まだまだ復興には時間がかかる。今後も継続してボランティア活動を行い、被災地の力になりたい」とそれぞれ継続支援の重要性を語った。

[ 2016年9月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月29日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ