×

日産ノート オーラがマイナーチェンジで表情一新! 上質感をさらに高めた90周年記念車も設定

[ 2024年6月14日 08:00 ]

新デザインのフロントグリルや17インチホイールで存在感や先進感がアップ! 運転席パワーシートを全車に標準装備するなど機能性や使い勝手も向上

ノート オーラは、第2世代e-POWERによるスムースで力強い加速や、なめらかな減速制御、優れた静粛性などが、幅広いユーザーから好評を得ている。今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインを一新するとともに、機能や使い勝手が向上した。変更点を詳しく見ていこう。

デザイン面では、フロントグリルに新時代のデジタルVモーションを採用。日本の伝統工芸を感じさせるデザインのグリルをヘッドランプ下までワイドに広げ、クルマの存在感を引き立てるとともに、ヘッドランプ下に、ボディカラーと同色、またはダークメタルグレーのアクセントを施し、先進感を演出している。また、ウイング形状の前後バンパーで、e-POWERの俊敏な走りが表現されている。

新デザインの17インチホイールは、見る角度によって光と影が織りなす移ろいが美しく変化する、モダンで先進感のあるデザイン。また、ボディサイドの風の流れをスムースにして高い空力性能を確保するとともに、ホイールの軽量化も実現している。

ボディカラーは、プレミアム感とドイツの深い森を疾走するイメージでデザインした新色フォレストグリーンにスーパーブラックを掛け合わせた2トーンをはじめ、5種類の2トーンと8種類のモノトーンがラインナップされた。

インテリアでは、グレイッシュブラウンの色合いが特徴の大型狩猟犬をモチーフとした内装色ワイマラナーを新たに追加。モデル名オーラ(AURA)のアルファベット“A”をモチーフにしたモノグラム柄のジャガード織物と合皮のコンビネーションに、ブルーグリーンのステッチを施したシート地を採用し、高級感ある風合いを演出している。また、内装色ブラックにおいても、新たな色味の木目調フィニッシャーを採用。これらとあわせてインストルメントパネル、アームレスト、ドアトリムクロスを落ち着きのある色味に変更された。

機能や使い勝手の面では、運転席のパワーシートが新たに全車標準装備。リフターやリクライニングの調整幅を広げ、より多くのドライビングポジションに対応可能となっている。また、グローブボックスは容量を拡大し、収納スペースを上下2段に仕切ることで、取扱説明書やティッシュボックスなど、かさばりやすいものがすっきりと収納でき、利便性を向上している。後席のUSB電源ソケットにはタイプCを採用。夜間でも差し込み位置が分かるようにリングライトが追加された。

90周年記念車

90th Anniversaryは、マイナーチェンジ車をベースに、引き続き、しっとりとした肌触りと包まれる心地よさや優れた耐久性を実現する日産独自開発のシート素材 テーラーフィットや、 カッパーストライプの入ったブラックドアミラー、専用17インチブラックアルミホイールを装備するなど、より一層上質さを高めた仕様となっている。

90周年記念車
90周年記念車
90周年記念車
ノート オーラ モデルラインナップ
【2WD車】
・G:277万9700円
・Gレザーエディション:286万9900円
・G 90周年記念車:288万9700円
【4WD車】
・G FOUR:306万1300円
・G FOURレザーエディション:315万1500円
・G FOUR 90周年記念車:317万1300円
※価格は消費税込み

AUTECHが新たに設定! あわせて助手席回転シートもマイナーチェンジ

AUTECH

今回のマイナーチェンジに合わせて、日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は、ノート オーラをベースとしたカスタムカーAUTECHを新たに設定するとともに、ノート オーラ助手席回転シートをマイナーチェンジし、AUTECHは7月に、助手席回転シートは6月13日発売すると発表した。

AUTECH

AUTECHは、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきた同社伝統のクラフトマンシップを継承し、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを伸長させたブランド。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。同ブランド発祥の地である湘南・茅ヶ崎の海と空のイメージから想起したブルーを、ブランドのアイコニックカラーとしている。

AUTECH

今回発表されたノート オーラ AUTECHのエクステリアは、AUTECHブランド車共通の表現であるドットパターンのフロントグリルのほか、低重心とワイドスタンスを印象づけ、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツ、そして細部まで丁寧に作り込んだスポークフォルムをダーク金属調塗装で仕上げた専用アルミホイールなどを採用。

AUTECH

また、AUTECHブランド発祥の地である湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインとして、海を進むボートの後方に生じる波のパターン、航跡波をモチーフとした模様を取り入れた専用シグネチャーLEDも装備し、AUTECHブランドらしい個性やプレミアム感を際立たせている。

AUTECH

ボディカラーは、オーロラフレアブルーパールにスーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンをAUTECH専用カラーとして設定。全8色のカラーバリエーションとしている。

AUTECH

インテリアは全体をブラック基調でコーディネート。上質な本革で仕立てたシートをはじめ、ステアリングホイール、インパネ、アームレストなどにブルーステッチが施された。

AUTECH
AUTECH

さらに、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄に、光を受けるとさりげなくブルーに光るダークグレーを施した専用フィニッシャーを、インパネの一部やコンソールに採用。上質な素材とこだわりのディティール表現により、より一層エレガントな空間が演出されている。

AUTECH
ノート オーラAUTECH ラインナップ
【2WD車】
・AUTECH(Gグレードベース):305万300円
【4WD車】
・AUTECH(G FOURグレードベース):333万1900円
※価格は消費税込み
助手席回転シート

ノート オーラ助手席回転シートは、簡単な手動操作で、助手席を車外に向けて回転できるモデル。体を大きくひねったり、足を大きく開くことなく乗り降りでき、足腰の弱い方のほか、スカートや和装の方のスマートな乗り降りもサポートする。助手席回転シートにもベース車と同じシートを採用することで、同等の座り心地を実現し、ノート オーラならではの素材のこだわりや空間の心地よさもそのまま体感可能だ。

今回のマイナーチェンジでは、ベース車と同様にフロントデザインを一新するとともに、機能や使い勝手の向上を図っている。

ノート オーラ助手席回転シート ラインナップ
【2WD車】
・助手席回転シート(Gグレードベース):288万9700円
【4WD車】
・助手席回転シート(G FOURグレードベース):317万1300円
※価格は消費税込み

「F1」特集記事

「角田裕毅」特集記事

2024年6月14日のニュース