雨の英国GP予選でサインツが自身初のPP!フェルスタッペン2番手、角田は13番手

[ 2022年7月3日 00:11 ]

F1第10戦英国GP予選 ( 2022年7月2日    シルバーストーン・サーキット=1周5・891キロ )

F1英国GP予選、初のポールポジションを獲得したサインツの走り(AP)
Photo By AP

 雨のコンディションで行われ、フェラーリのカルロス・サインツ(スペイン)が1分40秒983でキャリア初のポールポジション(PP)を獲得した。今季総合首位に立つレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が0・072秒差の2番手。フェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が3番手、レッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が4番手で、レッドブル勢とフェラーリ勢が1、2列目を占めた。今季未勝利と苦しむメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が地元GPで5番手につけ、ウィリアムズのニコラス・ラティフィ(カナダ)が初の予選3回目(Q3)進出を果たして10番手と健闘した。

 アルファタウリの角田裕毅は予選1回目(Q1)、2回目(Q2)ともに13番手タイムで、Q2で敗退した。同僚のピエール・ガスリー(フランス)もQ2敗退で11番手だった。

 ▽予選順位

 (1)サインツ(フェラーリ)

 (2)フェルスタッペン(レッドブル)

 (3)ルクレール(フェラーリ)

 (4)ペレス(レッドブル)

 (5)ハミルトン(メルセデス)

 (6)ノリス(マクラーレン)

 (7)アロンソ(アルピーヌ)

 (8)ラッセル(英国)

 (9)周冠宇(アルファロメオ)

 (10)ラティフィ(ウィリアムズ)

<以下Q2敗退>

 (11)ガスリー(アルファタウリ)

 (12)ボッタス(アルファロメオ)

 (13)角田裕毅(アルファタウリ)

 (14)リカルド(マクラーレン)

 (15)オコン(アルピーヌ)

<以下Q1敗退>

 (16)アルボン(ウィリアムズ)

 (17)マグヌセン(ハース)

 (18)フェテル(アストンマーチン)

 (19)シューマッハー(ハース)

 (20)ストロール(アストンマーチン)

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2022年7月2日のニュース