フェルスタッペン3連勝で総合首位奪取 ルクレールはリタイア 角田10位で今季3度目入賞

[ 2022年5月22日 23:49 ]

F1第6戦スペインGP決勝 ( 2022年5月22日    モントメロ カタルーニャ・サーキット=1周4・675キロ×66周 )

F1スペインGP 3連勝で今季4勝目を飾ったフェルスタッペンの走り(AP)
Photo By AP

 2番手から出た昨季総合王者のマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3連勝で今季4勝目、通算24勝目を挙げ、リタイアしたフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)を抜いて総合首位に立った。5番手スタートのセルジオ・ペレス(メキシコ)が2位に入り、レッドブル勢が今季2度目のワンツー・フィニッシュ。製造者部門でもフェラーリを抜いてトップを奪った。4番手から出たメルセデスのジョージ・ラッセル(英国)が今季2度目の表彰台となる3位に入った。

 ポールポジション(PP)からトップを独走していたルクレールが27周目に突然スローダウンしてリタイア。ペレスが31周目にラッセルからトップを奪い、スピンやDRS(ドラッグリダクションシステム)の不調に苦しんでいたフェルスタッペンに49周目で先頭を譲った。1周目にハースのケビン・マグヌセン(デンマーク)と接触し、6番手から19番手まで後退したメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は一時4番手まで押し上げたものの、最後にペースダウンして5位。地元スペイン勢はフェラーリのカルロス・サインツが4位、パワーユニット(PU)交換で最後尾スタートとなったアルピーヌのフェルナンド・アロンソは9位に食い込んだ。

 13番手から出たアルファタウリの角田裕毅は10位に入り、今季3度目の入賞を果たした。2度目のタイヤ交換後に順位を上げられなかったが、着実なタイヤマネジメントとオーバーテークでポイントを獲得した。同僚のピエール・ガスリー(フランス)は13位と振るわなかった。

 ▽決勝順位

 (1)フェルスタッペン(レッドブル)

 (2)ペレス(レッドブル)

 (3)ラッセル(メルセデス)

 (4)サインツ(フェラーリ)

 (5)ハミルトン(メルセデス)

 (6)ボッタス(アルファロメオ)

 (7)オコン(アルピーヌ)

 (8)ノリス(マクラーレン)

 (9)アロンソ(アルピーヌ)

 (10)角田裕毅(アルファタウリ)

 (11)フェテル(アストンマーチン)

 (12)リカルド(マクラーレン)

 (13)ガスリー(アルファタウリ)

 (14)シューマッハー(ハース)

 (15)ストロール(アストンマーチン)

 (16)ラティフィ(ウィリアムズ)

 (17)マグヌセン(ハース)

 (18)アルボン(ウィリアムズ)

 リタイア 周冠宇(アルファロメオ)

 リタイア ルクレール(フェラーリ)

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2022年5月22日のニュース