角田、9位入賞「いい一日だった。満足してる」 F1米国GP

[ 2021年10月26日 05:30 ]

米国GPで9位となったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(AP)
Photo By AP

 自動車のF1シリーズ第17戦、米国GPは24日、テキサス州オースティンで決勝が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は6戦ぶり6度目の入賞となる9位に入った。

 10番手から好スタートで順位を上げ、その後も手堅い走りでペースを維持。「いい一日だった。貴重なポイントを獲得することができて満足している」と話した。他のホンダ勢はレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季8勝目、通算18勝目を挙げて総合首位を堅持。セルヒオ・ペレス(メキシコ)は3位、アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)はリタイアした。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年10月26日のニュース