FIA元会長のモズレー氏死去 81歳 セナ事故死後のF1安全性向上に尽力

[ 2021年5月26日 05:30 ]

死去したマックス・モズレー氏(AP)
Photo By AP

 国際自動車連盟(FIA)元会長のマックス・モズレー氏(英国)が、がんのため23日に死去したと家族が24日に公表した。81歳だった。

 弁護士でアマチュアドライバーでもあったモズレー氏は93年にFIA会長に就任。アイルトン・セナ(ブラジル)の事故死を機にF1シリーズの安全性向上などに取り組んだが、08年にタブロイド紙に性的スキャンダルを報じられ、4期16年で任期を終えた。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年5月26日のニュース