F1デビューへ、角田裕毅「目標はポイントできるだけ取ること」 日本人ドライバー7年ぶり参戦

[ 2021年3月18日 05:30 ]

F1合同テスト走行の合間に、アルファタウリのフランツ・トスト代表(右)と話す角田裕毅
Photo By ゲッティ=共同

 自動車のF1シリーズに日本人ドライバーとして7年ぶりに参戦するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)が17日、チームの本拠地で自宅のある英ミルトンキーンズからオンライン取材に応じ、「今年の目標はポイントをできるだけ取ること」と抱負を語った。

 開幕戦(26~28日)が開催されるバーレーンで行われた公式テストでは総合2番手と上々の走りを披露。1、2日目はトラブルがあったが、最終3日目は54周を周回。「特徴として風が強い」というデビュー戦の舞台の走り方も習得した。

 勝ちたいレースを問われると「圧倒的に鈴鹿。日本のファンの前で走れるのは楽しみ」と断言。昨年は新型コロナの影響で中止された日本GPだが、今年は10月初旬に第17戦として予定されている。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年3月18日のニュース