今季F1デビューの角田、バーレーンで合同テストに参加「AT02を駆るのは最高」

[ 2021年3月14日 05:30 ]

自動車F1の合同テストで走行するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅=サキール(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 今季F1デビューするアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)が、バーレーン国際サーキットで行われたシーズン前の合同テストに12、13日と参加した。

 開幕戦(28日決勝)のコースで12日は37周を走行し、17台中9番目のタイムをマーク。同僚のピエール・ガスリー(25=フランス)とは0・5秒差で「砂で非常にトリッキーな状況でしたが(今季のマシン)AT02を駆るのは最高でした」とコメント。13日の午前のセッションは57周を走り、10台中5番目のタイムだった。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年3月14日のニュース