ハミルトン91勝目 歴代最多タイ シューマッハーに並んだ

[ 2020年10月12日 05:30 ]

アイフェルGPで優勝し、表彰台で喜ぶメルセデスのルイス・ハミルトン(AP)
Photo By AP

 自動車のF1シリーズ第11戦アイフェル・GPは11日、ドイツのニュルブルクリンクで決勝が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が通算91勝目(今季7勝)を挙げ、90~00年代に一時代を築いたミハエル・シューマッハー氏の持つ歴代最多記録に並んだ。

 2番手から出たハミルトンは13周目に同僚のバルテリ・ボッタス(フィンランド)をかわすと、その後は先頭を譲らずフィニッシュ。表彰式前にはシューマッハー氏がメルセデス時代の12年に着用したヘルメットを、同氏の長男でF2ドライバーのミックから贈られた。シューマッハー氏は13年12月のスキー事故で頭部外傷を負い、現在も闘病を続けている。ドイツが生んだレジェンドを「子供のころのアイドルだった」と尊敬するハミルトンは「現実として受け止めるためには時間がかかる。本当にチームに感謝している」と感慨深げに振り返った。

 来季限りのF1撤退が発表されたホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が最先着の2位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年10月12日のニュース