琢磨2位 連続V逃すも感謝「チームが素晴らしい仕事をしてくれた」

[ 2020年8月31日 05:30 ]

最後のピットストップでタイヤ交換に手間取り、2戦連続優勝を逃したホンダの佐藤琢磨(AP)
Photo By AP

 米インディカー・シリーズ第8戦は29日に決勝が行われ、前戦インディ500で3年ぶり2度目の優勝を飾った佐藤琢磨(ホンダ)が予選5番手から2位に入った。

 今季4勝目、通算50勝目を挙げたスコット・ディクソン(ニュージーランド、ホンダ)と競り合ったが、最後のピットストップでタイヤ交換に手間取り、2戦連続優勝は逃した。それでも「チームが素晴らしい仕事をしてくれた」と感謝を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年8月31日のニュース