レッドブル・ホンダ 2020年新車「RB16」を発表 フェルスタッペン「全てが順調」

[ 2020年2月13日 16:18 ]

レッドブル・ホンダ「RB16」のシェイクダウンを行うフェルスタッペン(オランダ)
Photo By 提供写真

 F1シリーズ開幕前のバルセロナ合同テストが19日から行われるのを前に、12日レッドブル・ホンダは新車「RB16」を発表した。シルバーストン・サーキット(英国)でシェイクダウンを実施し、チームはその動画も公開した。

 シェイクダウンを担当したマックス・フェルスタッペン(オランダ)は、「新しいマシン、新しいエンジンを試すことは常に興味深い。全てが順調だった」と好感触を語った。昨季の車をベースに、洗練されたマシンにホーナー代表も「非常にポジティブな冬を過ごし、極めて印象深い作業がなされてきた。パワーユニット、シャシーに関して、さらに前進することができた。パワーユニットのマシンへの統合はまさに芸術的」と喜んだ。

 11日にはフェラーリが新車「SF1000」を発表。レッドブル・ホンダと同じ12日にはルノーが、一部を映像で公開した。13日にはマクラーレンが、14日には王者メルセデスとトロロッソから名称を変更するアルファタウリ・ホンダが、新車を発表する。

 テスト1は19日から21日、テスト2は26から28日に、ともにカタロニア・サーキット(スペイン)で行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年2月13日のニュース