F1日本GP開幕 Mホンダ勢、バンドーンがフリー走行7位

[ 2017年10月7日 05:30 ]

F1日本GP フリー走行を行うマクラーレン・ホンダのバンドーン
Photo By スポニチ

 自動車のF1シリーズ第16戦、日本グランプリ(GP)は三重県の鈴鹿サーキットで開幕し、フリー走行が行われた。今季限りで契約を解消し、日本では最後のレースとなるマクラーレン・ホンダ勢は、ストフェル・バンドーン(ベルギー)が1回目に10位をマークした。

 シンガポール、マレーシアGPとここ2戦連続で7位と好調のバンドーンは、昨年は日本のスーパーフォーミュラに参戦。鈴鹿のコースを知り尽くしており「多くの時間をここで過ごした。自信がある」と語った。フェルナンド・アロンソ(スペイン)は1回目12位だった。

 ホンダのF1総責任者を務める長谷川祐介氏も「恥ずかしくない戦いをしたい。いいパフォーマンスを発揮してポイントを獲りたい」と入賞を目標に掲げた。

続きを表示

この記事のフォト

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2017年10月7日のニュース