アロンソが優勝!シュー 復帰後初の表彰台!

[ 2012年6月25日 06:00 ]

欧州GPで優勝したアロンソ(中)、2位のライコネン(左)、3位のシューマッハ

 F1シリーズ第8戦、欧州グランプリは24日、スペインのバレンシア(1周5.419キロ=57周)で決勝を行い、12番手からスタートした地元のフェルナンド・アロンソ(30=フェラーリ)が6戦ぶり今季2勝目、通算29勝目を飾った。

 開幕から前戦第7戦カナダGP(決勝10日)まで毎レース勝者が変わっていたが、アロンソが今季初めての「2勝ドライバー」となった。メルセデスのミハエル・シューマッハ(43)が3位フィニッシュし、10年にF1復帰から初めての表彰台に立った。ザウバーの小林可夢偉(25)は34周目にフェラーリのフェリペ・マッサ(31)と接触してリタイア。この接触に対し、次戦英国GP(決勝7月8日)での5番手グリッド降格処分が下された。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2012年6月25日のニュース