×

6.30「UFC303」でプロ9戦全勝の鶴屋怜がUFCデビュー

[ 2024年6月21日 19:32 ]

プロMMA9戦無敗の鶴屋怜がいよいよUFCデビュー(C)U-NEXT
Photo By 提供写真

 総合格闘家の鶴屋怜(22=THE BLACKBELT JAPAN)が6月29日(日本時間30日)に米ネバダ州ラスベガスで開催される「UFC303」でUFCデビュー戦に臨む。

 レスリングとブラジリアン柔術がバックボーンの鶴屋は、アマチュア総合格闘技で6戦全勝の戦績を残して21年2月に18歳でプロデビュー。レスリングの高い技術力を生かしてプロでも快進撃を続け、22年12月に6連勝で第8代フライ級キング・オブ・パンクラシストとなった。

 23年からは「Road to UFC Season2」に参戦。1回戦でロナル・シアハーン(インドネシア)にスカーフホールドアームロックで2R一本勝ちし、2回戦は直前にケガを負っていた中でマーク・クリマコ(米国)に3-0の判定勝利を収めた。今年2月の決勝では13勝2敗のジー・ニウシュイエ(中国)を相手に1R、グラウンドパンチでTKO勝利。9戦無敗で世界最高峰の総合格闘技団体・UFCとの契約を獲得した。

 UFCのインタビューでは「UFCのチャンピオンになりたいと思って始めた。(UFCは)僕にとって全てを意味します」と答えている。待望のデビュー戦では、プロ戦績が9勝3敗のカルロス・ヘルナンデス(30=米国)が相手となる。 鶴屋が飛び込むUFCフライ級は、同じ所属の平良達郎(24)がUFC6戦全勝でランキング5位につけている。また、RIZINバンタム級王者の朝倉海(30=JAPAN TOP TEAM)がUFCと契約。ベルトを返上してUFC挑戦を表明している。日本人の実力者が集う世界最高峰の舞台で、鶴屋がどれだけのインパクトを見せられるかが注目となる。

 大会のもようは6月30日午前7時からU-NEXTでライブ配信される。メインイベントではUFCライトヘビー級王者のアレックス・ペレイラ(36=ブラジル)がイリー・プロハースカ(31=チェコ)を相手に2度目の防衛戦を行うなど、ファン垂涎のカードが並ぶナンバーシリーズとなる。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年6月21日のニュース